伝統を重んじたモノ、素材を活かしたモノ、デザイン性に溢れるモノ、を
様々なカタチでブランドごとにご提案いたします。

美濃の四季とお祭り

  1300年の歴史と伝統を誇る美濃和紙のふるさと・岐阜県美濃市。長良川がゆったりと流れるこの町では、季節のうつりかわりをおだやかに、ゆったりと味わうことができます。春の訪れを町全体で祝うかのような華やかな花みこし、やさしい和紙のあかりを楽しむために日本中から観光客が集まる『和紙あかりアート展』・・・美濃の町は、その町の代名詞でもある『美濃和紙』と密接に結びついたお祭りでいっぱいです。 東海北陸道美濃ICを降りて国道156号線を北上し、美濃市役所を過ぎたあたりの右手の奥一帯に、和紙とうだつのあがる美濃の町並みが見えてきます。ここへは長良川鉄道美濃市駅からもアクセスできます。

この界隈を進むと町並みギャラリー山田家住宅をかわきりに国指定重要文化財小坂家へと。 町並みの中ほどにあるこの小坂家は江戸時代より酒造業を営んできた旧家である。この小坂家の一番の魅力は美濃市内でも類を見ない卯建をあげた美しい起り屋根との事です。

さらに奥に進むと古川家、平田家なども現存するうだつのあがる旧家として保存されています。一角の突き当たりを左手に折れ、市役所方面に逆戻りするように進むと忽然とタイムスリップでもしたかのような町並みを目にする事となります。右側には宝勝院、隣に大石家さらに左手には数件の昔ながらの風情を持つ旧家がずらりと並んでいます。左手にある旧今井家住宅美濃資料館にはにわか蔵やうだつ蔵、日本庭園などがあり常に催しなどが行われていて一見の価値ありのポイントです。日本庭園の中にある水琴窟は庭園造りの最高技術と言われ別名洞水門とも呼ばれているそうです。更に奥に進むと観光協会「番屋」がありより詳しい情報を得られます。駅方面に向かった道脇に婦人商工会館番屋2号館があり歴史ある花みこしや山車、美濃流し仁輪加などを知る事もできます。鉄道ファンには魅力の旧美濃駅舎と電車なども展示されており美濃駅もあり、一年を通して「うだつのあがる町並み」を堪能していただけます。