伝統を重んじたモノ、素材を活かしたモノ、デザイン性に溢れるモノ、を
様々なカタチでブランドごとにご提案いたします。

和紙の原料-地球に優しい天然素材
和紙の原料は、楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)の三つの原料を主とし、紙漉きにかかせないネリ(粘液)を加えます。ここでは、和紙の原料を詳しく見てみましょう。

 
楮(こうぞ) クワ科 クワ科の落葉低木。高さは2~5メートル程度。比較的どのような土地柄でも育ちます。現在の主な産地は高知県、茨城県。かつては岐阜県美濃でたくさん取れました。繊維が太く長いため、強い紙が作れます。奉書紙、水墨画用紙、書道用紙などから、和紙人形、工芸品の紙にいたるまで幅広く使われます。
三椏(みつまた) ジンチョウゲ科 植えて3年ほどすると高さ2メ-トルほどになる落葉低木。主な産地は四国・中国地方の山地。楮に比べ、繊維が短くやや強さをかきますが、表面が滑らかで光沢のある紙ができます。襖(ふすま)紙、印刷用紙などに用いられます。
雁皮(がんぴ) ジンチョウゲ科 わが国では古くから使われていました。栽培が難しいため山野に自生しているものを使います。細かい繊維で、薄くて強い光沢のある紙ができます。また虫害に強いので保存が必要な紙などに使われます。
トロロアオイ アオイ科 紙漉きに欠かせないネリ(粘液)として、トロロアオイの根が使われます。くだいた根を水につけて、ドロドロの透明の粘液がとります。これを漉槽(すきそう)のなかの原料に混ぜこみ、よくかき回します。粘液を入れることで、原料が漉槽全体に浮遊するので、漉簀(すきす)の上に汲んだ原料をうまくからませることができます。これにより薄くても強い紙が作れるわけです。時間が経つと、この粘性は自然になくなります。