伝統を重んじたモノ、素材を活かしたモノ、デザイン性に溢れるモノ、を
様々なカタチでブランドごとにご提案いたします。

美濃の地理と歴史
和紙の生産に必要なものは、原料である楮、三椏、雁皮がとれること。そして良質の冷たい水が豊富にあることです。美濃は、その二つの条件を満たしており、しかも都にも近かったため、和紙生産地として栄えました。ここでは、美濃の地理と歴史を和紙の生産とともに語ります。
  「うだつが上がる」1300年の歴史 美濃和紙の紀元は、およそ1300年前、天平9年(737年)ころ。奈良時代の「正倉院文書」の戸籍用紙が美濃和紙であったことが記されています。

原料がとれること、そして都にも近いという地の利があったため、次第に盛んになっていきました。官営の製紙場が設けられ、平安時代には「宣命紙」という良質の和紙が漉かれていました。

民間でも広く美濃和紙が使われるようになったのは、室町・戦国時代の文明年間(1468~1487年)以後でした。美濃の守護職土岐氏は製紙を保護奨励し、紙市場を大矢田に開きました。紙市場は月に六回開かれたので、“六斉市”と呼ばれ賑わいました。この紙市によって、近江の枝村商人の手で、京都、大阪、伊勢方面へも運ばれ、美濃の和紙は広く国内に知られることとなります。

大矢田の紙市は、天文9年(1540年)年には上有知(美濃町)に移ってきました。当時戦乱が続いており、大矢田と枝村との交通は急峻な山間部のため危険が多く、それに対して上有知(美濃町)より長良川を利用すれば一夜にして交易港である桑名の港に到着できるうえ、運送は便利で危険が少なく安全であったからです。

そして、慶長5年(1600年)、徳川家康からこの地を拝領した金森長近は、長良川畔に小倉山城を築城しました。慶長11年(1606年)ごろには、現在も残る町割が完成します。さらに、現在川湊灯台として知られる「上有知湊」を開きます。上有知湊は、船運による物資集散の拠点として、また、和紙を中心とした経済活動の拠点と成長していきます。金森長近の没後の元和元年(1615年)には、上有知藩領から尾張藩領となります。

こうして、江戸時代には藩の保護や一般需要の増加もあり、美濃和紙は幕府・尾張藩御用紙となっていきました。

  「うだつをあげる」は美濃発の言葉 いっこうに地位や生活が向上しないことを、「うだつがあがらない」と言いますが、美濃市では「うだつがあがる」町並みを見ることができます。

「うだつ」は、屋根の両端を一段高くして火災の類焼を防ぐために造られた防火壁のことで、裕福な家しか「うだつ」を作ることができませんでした。このため、「うだつがあがる/うだつがあがらない」という言葉ができたと言われています。
江戸時代は関東一円に見られた「うだつ」ですが、いまではほとんど見ることができません。美濃市では「うだつ」をあげた商家が19棟も残っており、これだけ集中して見られるのは美濃市だけです。都市景観大賞「美しい町並み大賞」など、数々の賞も受賞しています。国の重要文化財に指定されている小坂家などでは、美しく壮観なうだつを見る事ができます。

  明治維新以降 明治維新により、それまで紙漉き業に必要だった免許の制限がなくなり、製紙業が急増しました。
国内の需用の高まり、海外市場の進出などもあり、紙と原料の集積地として栄えました。
しかし、濃尾震災(明治24年)、太平洋戦争による物資不足、人材不足などが生産に大きく影響し、陰りを落とすようになっていきました。

そして、大正ころからは機械抄きが導入され、戦後には石油化学製品の進出が続きます。美濃では日用品を主とした素材を中心に生産していたため、これらの打撃はとても大きいものでした。
昭和30年には1200戸あった生産者が、昭和60年には40戸になりました。手漉き和紙の振興のため、昭和58年に美濃手漉き和紙組合を設立。昭和60年5月22日には、通産大臣から伝統工芸品に指定されました。
平成6年に地元和紙の産地の蕨生地区に美濃和紙の里会館が開館しました。
平成11年(1999)5月13日にかつて美濃町と呼ばれていたうだつの町並みは、重要伝統的建造物群保存地区に選定され、町並みを守る活動が行われています。
そして、毎年10月に全国的にも有名な「美濃和紙あかりアート展」が開催されております。和紙のもつ柔らかく暖かい光が江戸情緒溢れた美濃の町並みと解け合って、美濃和紙の新たなる可能性を感じさせてくれます。